●番外編●
皆様、まいどです。
今日は、在庫が底を付きましたので・・番外編(インプレ)です。
D200は、ご存知の通り、AFが作動しない昔のマニュアルレンズでも、
露出計が作動し、絞り優先AEが使えます。
実は、使うかどうかは別にして、D200に期待した機能の1つです。

んでもって、露出計によるマニュアル露出ってのも、やってみたくなり、
最近、、モデル撮影も手掛けるポートレーターの知人に色々レクチャーしてもらい、
挑戦しております。 #レクチャー暦:3日(爆)

撮影した写真(D200+35mmF2D,F2.8,AWB,ISO400,スポット測光)
  上:絞り優先AE,AF
  下:モードM,MF
    ※フォーカスポイントは、人形の鼻のちょい上。
f0057318_17221785.jpg
D200+35mmF2D (絞り優先AE , 1/125sec , AF , 露出補正なし )
f0057318_17225746.jpg
D200+35mmF2D (マニュアル , 1/60sec , MF , 露出補正なし )
双方、同じ絵ですが、違う絵です(笑)
距離・角度・照明は同じようにしました。
RAWで撮りましたが、レタッチは一切加えておらず、JPEG現像のみです。
 #ノートリ・リサイズのみでトリックはなしです。

この例では、MF側が適正露出(更に適正WB)で良く見えます。
AF側は、スポット測光にしたにも関わらず、背景の洋服タンスが
ほぼ適正露出となり、逆に服は暗くなってます。
MF側は、タンスはハイライト系ですが、顔・服の露出が合って、
AWBも適正に見えます。

露出的には、約1段の違いですので、AF側を「露出補正+1」
にすれば、ほぼ同じ結果になるでしょうね。

ただ、この例は・・測光点・AF点が共に中心で且つ、同じ場所なので、
「露出補正+1」で補えると思います。
しかし、構図を考えると・・・・
「測光ポイント」と「フォーカスポイント」別々な場合が多いので、
このやり方は、通用しないでしょうね。

まだ・・MF超入門です。
しかし、おもしろいかもです。(^^;)

更に、師匠言わく・・
 「背景が白飛びしない範囲でギリギリ明るく」
    とか
 「他の部分を犠牲にしてもメインテーマだけはキッチリ見せたい」
のような微妙な露出もあるそうです。

ああ・・・先は長い(爆)
[PR]
by MrAERAS | 2006-09-08 17:23 | 番外編(インプレ)
<< スナップ 在庫放出(爆) >>