Kenko 1.5倍テレプラスMC4 DG
テレコン(1.5倍テレプラス MC4 DG)を試してみました。

従来のAFテレプラスをデジタル化したものみたいです。
このデジタル化は、ニコン的には大きく「AF-S」「VR」に対応になってます。
今まで、「AF-S」「VR」対応となると、「デジタルテレプラスPRO300」でした。
これは、x1.4で実売2万円前後となっていました。
今回 購入し試したテレコンは、x1.5で値段も約半額の¥10,800円でした。
ポイントが13%付きましたので、実質は¥9,396です。

前置きが長くてすみません。 個人的な使用結果と感想です。

今回は、画像が3枚です。
【1枚目】 VR18-200mm において、27mm焦点域(テレコン時は18mm)です。
【2枚目】 VR18-200mm において、200mm焦点域です。
【3枚目】 SIGMA 70-300mm において300mm域です。

 ■3枚共、手持ち撮影です。 見にくい点、、ご了承ください。。
 ■Exif情報はテレコン未装着時の数値(焦点距離、絞り)が出てます。
 ■測光システム的には理解しているようなので、開放がF4であれば、
  表示はF4でも、人間が1段落ちのF5.6と認識しないと駄目です。

さぁ、気になる方は「More」で続きをご覧下さいませ。
   (って、簡単にテストしただけでよ!)




1)NIKON AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
    <基準焦点域27mm>
  左上・・・テレコン無、27mm
  左下・・・左上画像において、ぬいぐるみの口を中心に等倍トリミング
  右上・・・テレコン有、18mm×1.5=27mm
  右下・・・右上画像において、ぬいぐるみの口を中心に等倍トリミング
f0057318_010869.jpg

まず1枚目。
 テレコン無が27mmで、有が18mm×1.5=27mmで、
 ほぼ同じ大きさにして比べてみました。
 まず第一に、ホワイトバランスが、有無によって変わってしまいます。
 実焦点距離を同じにしているので、同じはずなんですがね・・・・
 室内だった為、より躊躇に出たのかもしれませんね。

 そして、気になるのは描写です!
 見た所、ぬいぐるみの毛の描写が等倍において、若干落ちているようです。
 しかしながら、L版~B5程度までなら、気にならないベースかと思います。
 個人的には、RAWで撮影してホワイトバランスを調整してやれば問題ないかと。
 JEPG撮影なら、ホワイトバランスを調整して撮影すれば良いですね。
    (傾向は同じですから・・・・)
 後、気になるなら、テレコン時は「輪郭補正」をあらかじめプラスにしておけば、
 もっと改善されるのかもしれませんね。

 後、余談ですが・・・
    この写真を見る限り、さほど周辺光量低下はみられませんね。



2)NIKON AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
    <基準焦点域200mm>
  左上・・・テレコン無、200mm
  左下・・・左上画像において、ぬいぐるみの口を中心に等倍トリミング
  右上・・・テレコン有 (※驚き?の結果!)
  右下・・・右上画像において、ぬいぐるみの口を中心に等倍トリミング
f0057318_0101973.jpg

そして2枚目
 まずはお詫びから・・・・
   テレコン有で手ブレが発生してます。等倍トリミングで発覚しました。
       (まだまだ撮影がなってませんね!)

 さてインプレです。
 手ブレがなかったとすれば、ホワイトバランスと、描写について、
 27mm域とほぼ同等で、L版プリントなどでは問題ない思われます。
 そして、、、 意外な事実が発覚です。
 右側の画像の焦点距離は、なんと! 60mmなんです。
    (左側画像は、テレコン無の200mmです!)
 1.5倍しても、90mmです。多少の大きさのズレはありますが・・・・
 これは、インナーフォーカスの特色なのでしょうか??
 ちなみに、撮影距離はおおよそ70~80cmなので、近距離望遠となり
 特色が出やすい状況ではありますが・・・・・
 
 「意外」と書いてしまいましたが、当たり前とい言えば当たり前かもしれませんね。
 でも、コレ、、、200mmで実際どの位なんだろう・・・・か。
     ※ご希望コメントがあれば、次回インプレテストしまっす!



3)SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
    <基準焦点域300mm>
  左上・・・テレコン無、300mm
  左下・・・左上画像において、団地の窓を中心に等倍トリミング
  右上・・・テレコン有 195mm×1.5=292.5mm
  右下・・・右上画像において、団地の窓を中心に等倍トリミング
f0057318_0102664.jpg

ラスト3枚目
 このテストは、「広角~200mm」と商品説明に書いてある最望遠。
 しかもインナーフォーカスではないレンズにおいて、300mm域のテストです。
    #右側画像において、200mmに合わせたつもりが、195mmでした・・・・
 
 結果を見ると、多少テレコン有の画質劣化が見られますね。
 団地の窓をトリミングした等倍ではよくわかります。
 1段落ちで、F8になってますので、無に比べてると若干暗い印象か!?
 それでも、等倍付近での使用でない限りは、個人的には使える範囲と思いました。

 ちなみに画像としては、ないですが・・・
      レンズ焦点300mmにてテレコン有(450mm)での撮影も出来ました。
 なんと!
    300mm×1.5(テレコン)×1.5(35mm換算)=675mm
 超望遠です! 手ブレが恐いですねぇ~
    ♪VRよぉ~来い!♪ って、SIGMAだから、OSかぁ~(笑)


 『結果』 
  個人的には、スナップ、ちょっとした旅行写真において、
  L版~B5程度のプリント、PC閲覧程度なら耐える範囲かと思われます。
  少しソフトになる印象ですので輪郭補正をプラスに設定すれば、多少改善されるかと。
  200mm域OVERでも使える事が、わかったので超望遠も体感出来ます。
  VR18-200mmでは、インナーフォーカスの特色が少し気に掛かりましたが、
  理論値300mm(換算:450mm)の手ブレ補正は、かなり心強いかと思います。

  AFですが、今回はお世辞にも「明るいレンズ」とは言いきれないレンズでしたので、
  テレ端では、多少迷う事があります。
  特に2枚目は室内・テレ端でしたので、かなり迷いました。
  3枚目は、F5.6付近での撮影にも関わらず、屋外にて SS 1/1250 の明るさ
  でしたので、AFは意外とスムーズでした。
    #AFと言う点では、SIGMA APO 70-300mm と相性が良いようです!
    #迷いますが、ほぼ確実に合焦します。
         
  画質を優先に追い求めるような方でなければ、値段1万だとCPは良いかと思います。
    #画質を求めるなら、テレコンは使わず、専門焦点域レンズかと

  デジタルテレプラスPRO300とどの程度差が出るのかは、気になりますね。
  x1.4っと、倍率が少し落ちて、値段が2倍。 
  このテレコン以上の「費用対効果」が出るのか・・・・
[PR]
by MrAERAS | 2006-02-05 23:33 | 番外編(インプレ)
<< 能勢にドライブに・・・・・ 大阪空港(伊丹) >>